創業100年。安心と信頼の着物専門店「きものやまと」です。全国に120店舗。豊富な品揃え。着付倶楽部4回で着物が着られる1回ワンコイン講習!全店舗にて好評受付中!着物に関するあらゆるご要望やご相談にお応えいたします。

きものブログ

きものブログ

タグ:「お出かけ」の記事一覧

今年の桜は開花が例年より早かったですが、
皆さんはもうお花見はされましたか
私は先日、大混雑の中…!桜が散りゆく中…!!
新宿御苑でお花見(というより花より団子)を楽しんで参りました。
 
そんな花を愛でたいこの季節にぴったりの(お花見をしそびれてしまった方必見!の)
きものお出かけスポットをご紹介します。
 
三渓園
 
横浜の「三渓園」です!
神奈川県内でも大人気のお花見スポットで、例年6万人以上の方が訪れるそうです!すごい!
 ライトアップは4月8日(日)までです!
 
俳句展やさくらそう展も開催されていますので、
桜が散ってしまった後でも楽しめます♪
 
 
こんな素敵なお出かけにはきものでお出かけをしてみてはいかがでしょうか
 
 
半衿や帯留に桜モチーフを使うことで、春らしい装いになれちゃいます♪
 
春のお出かけの際はぜひ、桜モチーフを取り入れた装いを楽しんではいかがですか
 
 
Posted at 13:00
 
 
甲府駅ビル店では、スタッフ+お客様総勢35名で
最強パワースポットの箱根神社初詣に行ってまいりました!
 
当日は快晴すぎて富士山が綺麗でした。毎日見える富士山ですが、ここまで近くに来てみると圧巻です。
ランチは有名な富士屋ホテルでフレンチのフルコース料理を堪能し、リッチな気分が味わえました。
今年頑張る自分へ先にご褒美です
 
 
 
そして冬日和では大活躍の羽織もの!
ミンクのコートや、被布衿コート、ロングコート、きもの衿、へちま衿、羽織などなど・・・
見てるだけでも色んな型があって参考になった。と、言われたお客様も何人もいました。
 
 
 
やっぱり、きものでお出掛けは楽しいですね。きもの日和ファンがまた増えちゃった一日でした^^
Posted at 09:00
クリスマスはきもので♪  [2016年12月23日]
 
 
 
先日、きものを着てイルミネーションを見にいってきました♪
 
光のクリスマスツリー、とても素敵でした
 
 
この時期は、フォトジェニックなスポットがいっぱいですね。
 
「きものを着る機会がないかも……」と普段悩んでいらっしゃる方も、
 
思い切って「素敵な写真を撮りに行く!」ことを目的に着て出かけてみても楽しいかもしれませんよ♪
 
イルミネーションやクリスマスマーケット、クリスマスツリーなど、
 
お気に入りの場所で写真を撮ってみたら、きものがもっと楽しくなります
 
今年のクリスマスはきもので楽しんでみましょう♪
 
 
 
 
やまと・なでしこ全店で、カンタン着付レッスン着付倶楽部を実施中♪
ご予約は、お近くの店舗にお問合せください。詳細はコチラ
Posted at 09:00
 
 
 
根津美術館 開館75周年記念特別展『円山応挙』 ~12/18(日)まで
 
円山応挙の『写生』に基づく新しい画風と、それを超えて目指したものを探る本展。
 
本フライヤーにもなっている『藤花図屏風』は重要無形文化財にも指定されており、
その他にも貴重な作品を目にすることが出来ます。
 
 
また根津美術館では、きものにぴったりな美しい庭園を散策することも出来ます。
 
都会の喧騒を忘れ、美しい絵と庭園に癒されてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
根津美術館の公式HPはコチラ。
Posted at 09:00
 
 
目黒区美術館『色の博物誌―江戸の色材を視る・読む』 ~12/18(日)まで
 
江戸時代の国絵図や浮世絵を、"色材"という観点から視る展覧会。
 
染料が作られるまでの過程や配合の展示、江戸時代の絵の具など、一つ一つが興味深い。
 
きものにも使われる、藍や紅花などの作り方も映像で一から見ることが出来て、
改めて手仕事の苦労や江戸時代から連綿と続く技術に対し、感動を覚えました。

他にも、沢山の紙を張り合わせた巨大な国絵図では、地図としての利便以上に、
鉱物染料を使った鮮やかで大胆な色彩の美しさに驚嘆。
一方、浮世絵では透明感のある植物染料を使用していて、
色の再現にこだわった複製の展示が面白い。

見たことある絵でも、色材という視点からだとまた違った楽しみがあり、とても新鮮な展覧会でした。
 
 
 
目黒駅から少し歩いた、緑の多い場所にあります。お散歩がてらにいかがでしょうか?
 
展覧会の公式HPはコチラ。
Posted at 09:00
 
 
 
東京都美術館『ゴッホとゴーギャン展』 ~12/18(日)まで
 
今回ご紹介するのは、終了まで約2週間となった本展覧会。
 
ゴッホとゴーギャンが共同生活に至るまでの作品。
 
二人の生活や、他者に当てた共同生活報告の言葉。
 
同居解消~晩年に至るまで。
 
二人の辿った人生を共に歩むことで、互いへの影響や絆、
どうにもならなかった共同生活と、それでも手紙で続いていた交流など。
芸術作品のみならず深い人間ドラマを感じさせます。
 
写真にも載っている、ゴッホが描いた「ゴッホの椅子」「ゴーギャンの椅子」は
二人の対比を象徴させるようで非常に興味深く鑑賞しました。
 
ちょっと気になる…! という方はぜひ、足を運んでみてください。
 
 
展覧会の公式HPはコチラ
Posted at 09:00
うた 詠む こころ  [2016年11月23日]
 
 
 
「うた詠む心」
2016/11/19(土)~2017/2/17(日)
 
 古来「ことだまの幸はふ国」といわれる日本では、歌は祈りを込めた詞であり、また森羅万象や心の機微を言葉でもって巧みに写し取り、よむ人を鼓舞し、慰め、感動を伝えてきた。その心は、日本の文化形成に大きな影響を与え、言葉のみならず、絵画や身の回りに備える調度品、刀装具などにも多く題材とされ、優れた作品を生み出してきた。蒔絵や金工などの技法でもって描かれる情景は、時に幻想的であり、歌の世界を超えた作り手たちの心象風景とも言えよう。
本展では、当館所蔵の美術工芸品の中から、歌にまつわる名品の数々をご高覧いただきたい。
(公式HPより)
 
 
 
以前こちらのブログでも紹介させていただいた、清水三年坂美術館で今回もまた素敵な展覧会があるそうです。
 
「刺繍天鵞絨」に、今でも忘れられない程感動しましたが、
今回も非常に明媚で風流な内容であることが、この紹介文から伝わってきます。
 
西に住んでいるのであれば必ず駆けつけたのに……と悔しいばかりですが、
清水三年坂美術館の公式HPでは、図録や作品集の販売も行っているようです。
 
今回の展覧会は所蔵品の中のピックアップのようですので、書籍の中のどれかに掲載されているかも…?
 
私は次のお給料が入ったら、「刺繍絵画名品集」を購入させていただこうと楽しみにしています。
〝自分へのご褒美〟という言い回しは随分陳腐ではありますが……そういうことです(^^)
 
 
こうやって、自分の気に入る美術館が見つかるのは嬉しいことですね。
「きもので出かけてみよう」と思い立って行ってみた京都での発見だったので、
きものが導いてくれたのでは……と考えてしまいます。
 
お気に入りの靴が、自分を素敵な場所に連れて行ってくれるように、
きものにも、同じようなパワーがあると思います。
 
皆さんもきものを着たら、いつもと違う場所に出かけてみましょう!
Posted at 09:00
速水御舟の全貌  [2016年11月21日]
 
 
 
速水御舟は、大正~昭和初期の日本画家です。
40歳という短い生涯の中で、従来の日本画にはなかった独創的で美しい作品を残しています。
 
山種美術館では、【開館50周年記念特別展】として、
 
「速水御舟の全貌―日本画の破壊と創造―を開催中(※12/4 まで)
 
 
フライヤーにもなっている、【重要文化財】「炎舞」も見ることが出来ます。
 
闇夜にゆらめく炎に誘われてきた蛾たちが、命を燃やすように舞う情景……
死の怖れを感じさせながらも、非常に艶やかで美しく、目を離すことが出来ませんでした。
 
 
そしてこの展覧会、【きもの来館割引】があります!
 
ぜひきものを着て、足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
 
詳細はコチラのページをご覧下さい。
Posted at 09:00
今年の二の酉は23日!  [2016年11月16日]
 
 
毎年11月の酉の日に行われる、酉の市!
 
今年の一の酉は11/11(金)だったので、私も仕事終わりに新宿・花園神社へ。
 
多くの熊手店、露店の立ち並ぶ神社は、非常に賑やかな賑わいを見せていました。
 
 
 
 
 
酉の市で並ぶ熊手。これには「福をかきこむ」=「商売繁盛」の意味があります。
 
賑やかで元気溢れる熊手を見ていると、確かにプラスのパワーがあるように感じられるもの。
 
この日も多くの人が熊手を買い求め、いたるところで拍子木の締めの声が聞こえました!
 
 
 
中にはこんなにCOOLでROCKな熊手もあるんです。カッコイイですね!
 
 
今年の二の酉は11/23(水)!
皆様もぜひ、この賑やかなお祭りで元気をもらいにいきましょう!
Posted at 09:00
横浜今昔きもの大市23th  [2016年11月11日]
 
 
今日から13日(日)までの三日間、
 
横浜赤レンガ倉庫にて『横浜今昔きもの大市』が開催されます!
 
リサイクルからアンティーク、創作服まで、
たくさんの種類のものが見られるようです
 
やまとで扱っている商品は新品のものがほとんどですが、
私はリサイクル品も好きで時々見に行きます(^^)
 
新しくお店で仕立てたもの×誰かが大切にしていた古いもの
 
この組み合わせを楽しめるのが、きものの良いところなんですよね!
 
土日はお休みなので、ハマッコの私はきものを着て行ってこようと思います♪
 
なにか新しい出会いがあったら嬉しいな~^^
Posted at 15:00
 
 
お久しぶりです(^^)
 
しばらくブログをお休みしてしまっていてすみません!
 
実は、前回の記事でお伝えした
 
「出石藩きもの祭り」にお客様と一緒に行っていました
 
50名近くのきもの姿が並んだ様子は圧巻ですよね!
こんなに大勢いるのに、一人として同じ着姿の人がいないところが面白いところです。
皆さん、思い思いのお洒落を楽しんでいて、見ていると本当に楽しいですね
 
たくさんの着姿に触れることで、自分の着姿にも磨きがかかるように感じます。
皆さんも是非、きものが似合う場所に沢山出かけて、多くの着姿に触れてみてくださいね!
 
Posted at 09:00
刺繍と天鵞絨  [2016年10月24日]
 
個人的に、今年イチオシ。
 
 
 
清水三年坂美術館「刺繍と天鵞絨」
 
まず、このチラシをよく見てください。
 
これ、刺繍なんですよ。
写実的な絵画のようでいて、
立体感と光沢がありますよね。
 
筆で線を描くように、糸一本一本を線として描いた作品。
これが「刺繍絵画」です。
 
 
繊細な、という言葉では表せない
<空前絶後>の技術から生まれた作品の美しさは、本当に筆舌しがたい。
 
江戸時代で培われた技術が西洋と出会って花開いたそうですが、
当時博覧会で世界に誇る日本の芸術として紹介されたそうです。
日本人として誇らしいですね。
 
 
もう一方の天鵞絨。(びろーど)
こちらはきものや帯にも使われている技術です。
まさに圧巻の職人技術でした…!
 
 
その他にもこの美術館には、日本の工芸美術品がたくさん。
ひとつひとつが精巧で、手にとってじっくりと眺めたいくらいでした。
 
 
京都に行ったらマストな美術館です
 
会期は11/13(日)まで。急げ!
 
 
 
 
公式HPはコチラ
Posted at 09:00
きものハロウィン♪  [2016年10月17日]
 
 
 
 
皆さんは、今年のハロウィンにどんな格好をするか決めていますか?
 
愛知県犬山市にある明治村では10/30(日)~11/7(月)までの間、
 
きもの着用で入村料500円になる『きものハロウィン』が開催されます!
 
29日(土)はハロウィンスペシャルDAYとしまして、
きもの着用だと入村料が無料&お菓子プレゼント!
 
 
今年のハロウィンはきものを着て
明治村に遊びにいっちゃいましょう
 
 
 
 
 
 
明治村公式HPはコチラ
Posted at 09:00
職人たちの技、粋、心意気  [2016年10月04日]
 
 
現在、泉屋博古館分館では、『明治有田 超絶の美』が開催中!
 
有田焼とは、佐賀県有田町を中心に焼かれている磁器であり、別名「伊万里焼」とも言います。
 
この展示では、明治時代の職人たちが精魂込めて作った超絶技巧が目白押し!
 
私もまだ行けていないのですが、
本展示会の作品集を見て、
その華美さ、精巧さに圧倒されました。
息を飲むほど…とはよく使われる表現ですが、
思わず呼吸を止めてしまうほどの作品の数々です。
 
今週末、私もきものを着て行ってみようと思います!
ぜひ皆様も、訪れてみてください。
 
 
展示会の詳細はコチラ↓
 
Posted at 09:00
 
 
「東京江戸ウィーク」2016年9月22日(木・祝)~25日(日)の4日間、東京・上野公園に和装の人が集う、日本文化体験型のイベ ント!
 
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、真の日本文化を世界に向けて発信していくイベントです。
 
会場には、様々な「和装」「食」「工芸」「芸能」と4ジャンルの様々な企業が集まり、
和装で楽しめるブースを出展。上野恩師公園を江戸時代にタイムスリップさせます!
 
このイベントに、やまとも「ゆかたレンタル」で出展!
 
 
 
自分のきものを着られる方も、
きものを持っていない方も、
 
是非和装をして、日本文化を体験しにきませんか?
 
 
詳しくはコチラのページをご覧下さい。
Posted at 09:00
 
 
 
 
 
 
 
毎年浮世絵の展示は沢山ありますよね!
 
たくさんあるだけあって、どの展覧会も切り口を変えてくるので次はどんな展示会だろう?とワクワクします
 
 
山種美術館では「浮世絵 六大絵師の競演 ―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―」
 
を開催中!
 
見所は「脅威の写楽率!」とのことで、
東洲斎写楽の大首絵が3枚所蔵されているとのこと!!
 
「写楽は誰だったのか?」
 
という歴史の謎は永遠の浪漫ですよね。
 
その写楽が3枚も見られるとなると、これは気になって仕方がない!
 
行くとしたら勿論、きものでですね☆
 
 
展覧会に関する詳細はコチラのページをご覧下さい↓
 
Posted at 09:00
観劇にもキモノで♪  [2016年09月07日]
 
 
 
先日、お休みの日にきものを着て観劇に行ってきました
 
せっかく撮った写真、看板に景色が写りこんじゃってますね……
右側でカメラ構えて写りこんでるのが我が母です。。
 
 
と、こんな写真なので少し分かり辛いですが、
 
赤坂ACTシアターで【劇団新感線Vamp Bamboo Burn』】を観てきました(^^)!
 
新感線は大好きで、学生の頃からファンクラブに入って毎年母と観に行っています♪
特に劇団員の橋本じゅんさんが大好き! いっつも大笑いさせてもらっています!
 
きもので観劇っていうと、歌舞伎のイメージがあるかと思いますが、
こんな風に現代劇に着ていってもOKですよ
今回も私以外に何名かおきものの方がいらっしゃって、眼福でした
 
きものでの観劇は、後の方の妨げにならないように
 
①髪型は盛らずにスッキリめで
②枕ナシのお太鼓や半巾帯のカルタ結びなど、平らな帯結びに
 
というポイントを押さえると、周りの人も気遣える素敵きもの美人ですね
 
 
きものの秋がやってきました! 皆さんも自分で着てお出かけをしてみましょう!
やまと・なでしこ全店で実施中の『カンタン着付レッスン 着付倶楽部』についてはコチラから↓
Posted at 09:00
 
 
皆さん、夏休みはもう取られましたか(^^)?
 
私は明日から、ということで、
ずっと楽しみにしていた場所に行ってきます。
 
それがコチラ。
 
兵庫県立歴史博物館
特別展「立体妖怪図鑑―妖怪天国ニッポンpartII―」
2016年7月16日(土)~2016年9月11日(日)
 
 
妖怪好きとしては楽しみすぎて、
東京から兵庫まで飛んで見に行きます!
 
こちらのフライヤーにも掲載されている、
左上の女性の妖怪――姑獲鳥と書いて、ウブメと読みます。
この姑獲鳥の張子は、京極夏彦先生の作品の表紙になっている作品です。
 
京極先生といえば、年中和装なことで有名ですよね。
私は京極先生の大ファンで、講演会などがあるとすぐに聴きに行くのですが、
いつも和装で行こうと思いつつ「先生が和装だし…」と妙な照れを発揮してしまい、
まだ和装で行くことが出来ていません
 
ですがこの妖怪展だったら、きものを着て行ってみても良いなと思っています
 
怪奇会期は9/11(日)まで!
皆さんも是非、和装で妖怪の世界を訪れてみましょう♪
 
詳細はコチラをご覧下さい。↓
Posted at 09:00
紅い金魚と遊びませう。  [2016年08月22日]
 
 
今、<大阪><東京・日本橋>では、夏の風物詩となった
アートアクアリウムが開催中!
 
9月には金沢での開催も決まっており、
美しい金魚たちの舞いはまだまだ止まりません。
 
アートアクアリウムは今年で10周年とのことで、
今まで以上にレベルアップしていそうですね!
 
そして今、アートアクアリウム開催中の日本橋エリアでは、
「ECO EDO 日本橋 2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜」が開催中!
ゆかた着用またはアートアクアリウムチケット提示で、対象店舗で特典が受けられます♪
 
ゆかたを着て、美しい水中アートを楽しんだあとは、
日本橋でお食事を……なんて一日も、優雅で素敵ですね。
 
 
アートアクアリウムおよび特典の詳細はコチラでご覧下さい。↓
Posted at 09:00
 
 
いきなりインパクトのある写真かと思いますが、
ここ、どこだかわかりますか?
 
池袋サンシャインシティの中にある『J-WORLD-TOKYO』ですっ
 
週間少年ジャンプの世界を体験出来るテーマパークに、
お客様とのプチお出かけ会で行ってきた時の写真です…!
 
和装をしたら、古都散策や庭園…というのも勿論素敵ですが、
こんな風に、意外な場所に行ってみるのもまた新鮮で面白いですよ(^^)
 
普段着のゆかたやきものは、堅苦しく考えず、
自分の行ってみたいところに、着て出かけてみましょう!
 
クローゼットを開いた時に、「今日はパンツスタイル?ワンピース?着物?」なんて、
和装が日常のワードローブになったら素敵ですね^^
Posted at 09:00
<< 前のページへ
| 1 | 2 次のページへ >>
<<  2018年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
きものやまとショップインフォスマートフォンサイト
きものやまと スタッフ募集中店舗
お近くのやまとを探す 全国に安心の123店舗 レンタル振袖、ママ振袖、洗える着物、正絹小紋、フォーマル着物
札幌市,苫小牧市,
青森市,八戸市,秋田市, 仙台市,盛岡市,山形市,米沢市,酒田市,福島市,郡山市,いわき市,
千葉市,中央区,印西市,松戸市,市川市,船橋市,柏市,成田市,茨城県,古河市,水戸市,栃木県,宇都宮市,群馬県,高崎市,太田市,つくば市,
葛飾区,江戸川区,江東区,品川区,目黒,大田区,世田谷区,杉並区,豊島区,千代田区,新宿区,足立区,墨田区,台東区,町田市,国分寺市,立川市,八王子市,多摩市,武蔵野市,東久留米市,
神奈川県,横浜市,川崎市,平塚市,厚木市,小田原市,海老名市,埼玉県,さいたま市,川越市,羽生市,熊谷市,浦和,
長野市,松本市,山梨県,甲府市,中央市,石川県,野々市市,富山県,高岡市,新潟県,長岡市,石川県,金沢市,
中部・東海,岡県,沼津市,静岡市,浜松市,愛知県,岡崎市,名古屋市,中村区,熱田区,一宮市,岐阜県,岐阜市,
近畿,大阪府,大阪市,北区,都島区,鶴見区,中央区,天王寺区,泉南市,堺市,北区,兵庫県,西宮市,神戸市,姫路市,
中国・四国,島根県,松江市,岡山県,岡山市,倉敷市,広島県,福山市,広島市,南区,西区,香川県,高松市,高知県,高知市,
九州,福岡県,糟屋郡,直方市,久留米市,福岡市,中央区,佐賀県,佐賀市,長崎県,長崎市,佐世保市,熊本県,熊本市,菊池郡,大分県,大分市,宮崎県,宮崎市,鹿児島県,鹿児島市,
松戸店専用「着付倶楽部」ウエブ申込はこちら
情報満載きものブログ
KIMONO by NADESHIKO札幌パルコ店で着付を習ってみませんか?1回500円とリーズナブルです!
きものやまと きものケア
着物&ゆかたの京洗いインターネット店舗です
きものお預かりサービス「着物ボックス」は全店舗にて受付中
なでしこがスタイリッシュに生まれ変わりました!時代と共に変化するKIMONO by NADESHIKO
ジェンダーレスな着物 ザヤード
メンズきものテーラー ワイアンドサンズ
きものやまと,オフィシャルサイト,着たいを叶え、期待に応えます
着物モデルアルバイト募集【随時】 東京周辺の方
きものやまと公式ブログ
きものやまとの商品が紹介されました